深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

「自分が嫌い」 自己嫌悪で自らを傷つけてしまう人へ

「自分が嫌いで仕方がない」
「自己嫌悪ばかりで自分が好きになれない」

今の自分を否定して、ずっと誰かと比較して。
自分自身が肯定できずに苦しんでいる。

もう自分のことを傷つけなくていい。
ありのままの自分を受け入れてみましょう。

どんなあなたも素晴らしい、かけがえのない存在なのだから。

スポンサードリンク


自分が嫌いな人へ

自分が嫌いで、自分のことが許せなくて。
自己嫌悪で自らを傷つけてしまう人がいます。

「努力が足りないから」
「自分が甘えているだけ」

真面目な人ほど自分のことを責めてしまいます。

「こんなはずじゃない」
「今の自分は本当の自分じゃない」

理想の自分と、今の自分との違いを受け入れられずに苦しんでいる。

「私はダメな人間だ」
「自分なんて何の価値もない」

そうやって自らを貶めてしまいます。
理想に囚われてしまう人ほど自分自身を苦しめてしまいます。

思い描いた自分と違っても悲観する必要なんてありません。

「格好悪い自分」も「ダメな自分」も一度受け入れてみましょう。
たとえどんな自分であったとしても、あなたは幸せになれるのだから。

あなたはあなたのままでいい。

自分より多くを持つ人、多くができる人。
他人と自分を比べて自己嫌悪に陥ってしまう。

自分が出来ていないのは自己責任だと、自分自身を追い込んでしまいます。

持って生まれたもの、育った環境。
人それぞれ違いがあります。

異なるもの同士を比べても仕方がない。

今の自分を捨てて違う誰かにはなれません。
別の人間になって人生をやり直すことなどできはしないのです。

自分自身を否定するほど、今の自分ではいけなくなる。
ダメな自分をイメージすればするほど、ダメな自分に近づいていく。

他人を羨ましく感じて惨めに感じる必要なんてありません。
あなたの代わりはいないのです。

あなたはあなたのままでいい。

変わるのは、違う誰かになることじゃない。
変えるのは自分自身を否定する心です。

自己嫌悪から抜け出そう

自分ことを許してあげよう。
自分自身を愛してあげましょう。

自らを否定したままでは、生きることが苦しいものになってしまいます。

上手くできなくたっていい。
人と違ったっていい。

どんな自分もありのままを認めてみましょう。
今の自分を受け入れて、肯定してみましょう。

幸せになることを邪魔しているのは「できない自分」でも「ダメな自分」でもありません。
あなたの中の「自分自身を否定する気持ち」が幸せを遠ざけているのです。

自分のことを救えるのは自分だけ。
自分自身を変えられるのは自分だけです。

自己嫌悪は解消しましょう。
もう自分のことを傷つけるのは終わりにしましょう。

あなたを苦しめるだけの感情なんて捨ててしまえばいい。
あなたが望めば いつからだって幸せに生きられるのですから。

コメントを書く

*

Facebookでコメントを書く

Return Top