深呼吸日和

こころの時代のライフスタイル シンプルで豊かに生きる幸福論

幸福論

Category
あるがままを受け入れる 「変えられないこと」ではなく「変えられること」に目を向ける

あるがままを受け入れる 「変えられないこと」ではなく「変えられること」に目を向ける

あるがままの「今」を受け入れることができない人がいます。 未来の不安や過去の後悔にばかり心を悩ませたり。 同じように、他人や周りの環境が悪いと不満ばかりになっていたり。 どんなに後悔しても過去は変えられない。 他人も環境もあなたの思うようには変わってくれない。 「変えられないこと」ではなく「変えられること」に目を向けて...
理想の自分に縛られている人へ 今の自分を否定しなくていい

理想の自分に縛られている人へ 今の自分を否定しなくていい

理想の自分と現実の自分のギャップに苦しんでいる人がいます。 「こうなってほしい」「こうであってほしい」という理想と「こうなるはず」「こうあるべき」という思いが一緒になってしまっている。 気づかないうちに心が「理想の自分」に縛られてしまっているのです。 大切なのは今の自分を受け入れること。 ありのままの自分を認めるてあげ...
生きるのが辛い人へ 心の元気を取り戻す「競わない生き方」

生きるのが辛い人へ 心の元気を取り戻す「競わない生き方」

「生きるのが辛い」 「人生に疲れた」 常に誰かと比べられ、より良い結果を求められる世の中です。 「あの人はあんなに持っているのに」 「他の人はこんなことができるのに」 認められるために頑張っても、たった一度の失敗ですべてが台無し。 まるで一度の間違いも許されないような緊張感の中で暮らしている。 そんな生き方では誰だって...
「ケ・セラ・セラ」 人生なるようになるし、なんとかなる

「ケ・セラ・セラ」 人生なるようになるし、なんとかなる

「ケ・セラ・セラ」 いつだって人生はなるようになる。 「ケ・セラ・セラ」 大丈夫、まあ、なんとかなるものです。 くよくよ思い悩んでも仕方がない。 心配ばかりしなくていい。 大丈夫、心配しなくても、そう悪いことは起こりませんから。 スポンサードリンク ケ・セラ・セラ 「ケ・セラ・セラ(Que sera sera)」という...
「自分を許す」 無理しない、頑張らない、我慢しない

「自分を許す」 無理しない、頑張らない、我慢しない

「自分を許す」ということが苦手な人がいます。 「イライラするのはいけない」 「ネガティヴな感情を抱くなんてよくない」 あれもダメ、これもダメ。 そうやって自分の心を抑えつけてしまいます。 そんなに厳しくしなくていい。 自分を許してあげよう。 自分に許可を与えてあげよう。 生き方に正解なんてないんです。 もっと自由に生き...
生きてる価値がない人なんていない あなただから価値がある

生きてる価値がない人なんていない あなただから価値がある

「自分には生きてる価値がない」 「私は誰の役にもたっていない」 自分のことを認められずに傷ついている人がいます。 自分を好きになれずに苦しんでしまいます。 そんなことはない。 生きてる価値がない人なんていません。 あなたには、あなただからこその価値があるのです。 スポンサードリンク 生きてる価値がない 「何をやってもう...
幸せになりたい人へ あなたを幸せに案内する心の持ち方

幸せになりたい人へ あなたを幸せに案内する心の持ち方

「幸せになりたい」 私たちは幸せを願いながらも、幸せを遠ざける。 自分に足りないものを追い求めて。 まだ努力不足だと自分を追い込んで。 気がつけば身も心もクタクタ。 いつまでたっても幸せになれないままでいます。 そうやって人生に迷ったときは生き方を見直すチャンスです。 幸せになることは難しいことではありません。 幸せに...
小さな幸せのある暮らし 日常にある幸せの見つけ方

小さな幸せのある暮らし 日常にある幸せの見つけ方

私たちは身近にある小さな幸せを見落としてしまいがち。 退屈な毎日。 つまらない日常の繰り返し。 「何か楽しいことはないかなあ」 「どうすれば幸せになれるんだろう」 そうやって今ある幸せを蔑ろにしてしまいます。 ついもっともっとと、大きな刺激を求めてしまうのです。 幸せに生きるために「多く」も「特別」も必要ありません。 ...
自分のために生きる 自分の幸せのために人生の時間を使う

自分のために生きる 自分の幸せのために人生の時間を使う

自分のために生きることができない人がいます。 人の不幸を願い続けている人。 他者を攻撃してばかりの人。 人生は有限です。 誰か貶めるために時間を割くなんてもったいない。 自分の幸せために生きましょう。 あなた自身のために、あなたの人生はあるのですから。 スポンサードリンク 自分のために生きる 人を貶めることに必死な人が...
自分が嫌いな人へ 変えなくていい、そのままのあなたでいい

自分が嫌いな人へ 変えなくていい、そのままのあなたでいい

自分が嫌いなあなたへ。 「自分の性格が嫌い」 「自分に自信が持てない」 そうやって今の自分を否定する。 違う誰かになろうとする。 違う自分を演じたところで余計に苦しい思いをするだけです。 私たちは他人の人生を生きることはできないのです。 自分を嫌いながらの人生は苦しいもの。 自分を好きになれないまま生き続けるなんて悲し...
Return Top